News

2018.11.20

スタートアップと製造業の
連携モデル事業を開始しました

本事業では、スタートアップの量産に向けた試作・設計の支援拠点として、全国で52の事業者を「スタートアップファクトリー」として採択しており、各事業者は支援拠点の構築・支援機能の強化を進めております。

一方で、現時点でスタートアップとの連携・支援の経験・ノウハウは、業界全体として十分に共有されていないという課題があります。この課題を解決するには、実際に「スタートアップと製造業企業の連携の事例」を多く創出し、その実態や課題・解決方法を取りまとめてスタートアップファクトリー間で共有していくことが重要だと考えられます。

そこでこの度、本事業の一環として、連携事例の創出とノウハウ抽出を目的とした「スタートアップと製造業の連携モデル事業」を開始しました。
(本モデル事業の事務局は、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(MURC)に委託して実施しております)

モデル事業実施機関

モデル事業実施機関については公募を行い、18者の応募に対して厳正な審査を行った結果、下記の6者を選定いたしました。

※募集要領の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.murc.jp/sp/1809/startup/index.html

今後の予定

スタートアップと製造業の連携モデル事業から得られた実証レポートは来年春頃に公開予定です。

(参考)事業のスキーム

横にスワイプできます