JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP

「カンファレンスセッション」
レポート

去る、2020年3月19日、新型コロナウイルスの影響から当初の予定を変更し、無観客で開催された『JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP』。本イベント内で実施され、当日動画配信された「カンファレンスセッション」の模様をダイジェストでご紹介します。

THEMEテーマ

ソフトとハードの融合領域におけるスタートアップと製造業の爆速連携事例

今年1月、アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大の電子機器見本市『CES 2020』に出品され、高い評価を得た日本製IoTデバイス「CryAnalyzer Auto」。
この製品は、AIを用いて赤ちゃんの泣き声から感情を分析するというベビーテックであり、スタートアップファクトリー構築事業を通じて連携した3社の共創によるもの。驚くべきは開発から完成まで約半年という短期間、まさに爆速で実現した点です。その爆速を可能にした仕組み、スタートアップとスタートアップファクトリーの理想的な関係について熱い意見が交わされました。

パネリスト紹介

  • 服部伴之

    株式会社ファーストアセント代表取締役社長

  • 橋爪良博

    有限会社スワニー代表取締役社長

  • 山田祐輝

    株式会社ノエックス代表取締役社長

モデレーター

中間康介一般社団法人 環境共創イニシアチブ

中間

まずは、皆さんに自己紹介をしていただきたいと思います。服部さんからお願いできますでしょうか。

服部

株式会社ファーストアセント代表取締役の服部です。当社は2011年に設立以来、「テクノロジーで子育てを変える」をミッションとして、ずっと子育て関連のビジネスをやってきました。今回は、アメリカの『CES』でも紹介させていただきました解析デバイスの爆速の事例を紹介できればと思います。

橋爪

有限会社スワニーの橋爪と申します。当社は長野県伊那市の田園風景の中にある創業50年の会社です。「人の心を動かすカタチ作り」をコンセプトに、最新の3次元CADや3Dプリンターなど最新のデジタルツールを駆使した製品設計を中心に、筐体と機構作り、試作から小ロット生産、量産化支援を行なっています。

山田

ノエックスの山田です。当社は茨城県つくば市で基盤などの開発をしている電気系の会社なんですけれども、今日はIoT系のデバイスを「こうやれば速く作れる」という事例を皆さんに聞いていただきたいなと思います。よろしくお願いします。

中間

ありがとうございました。まず最初にファーストアセントの服部さんから、今回の製品のご紹介をお願い出来ればと思います。

服部

はい。8年前に『パパっと育児@赤ちゃん手帳』というアプリを作りまして、これまでに累積で60万人くらいにご利用いただき、いろいろなアワードを受賞しました。そこで集めた育児記録データをもとに研究を進める中、さらに2万人以上のモニターユーザーから集めた赤ちゃんの泣き声データとAIを掛け合わせ、泣き声から感情を分析する「泣き声診断アルゴリズム」を開発しました。診断結果の精度は80パーセント以上なんです。ただ、都度アプリを起動して診断する作りですとユーザーが大変な思いをしてしまいます。なので、アプリを起ち上げることなく勝手に泣き声を解析し続けてくれるものを作りたいなと。そうすると、どうしてもハードウェアが必要になります。そこで、以前お取引のあったノエックスさん、「スタートアップファクトリー構築事業」通じて知り合ったスワニーさんとのラッキーな良い出会いがあり、今回の製作につながりました。

爆速を現実化したのは、ものづくりへの熱い思いとそれを実現するための独自の仕組み

中間

「CryAnalyzer Auto」は昨年の6月から開発が始まり、12月には『CES』への出品が決まりました。ちょっと考えられないスピードなのですが、この考えられない爆速を担ったお二人に、その背景をお話しいただければと思います。

山田

服部さんから発注いただいたのが6月末で、8月にはかなり形になっていました。

服部

7月末ぐらいには基本的なところは、全部できていましたね。

山田

そうでしたね。でも、無理して作ったわけではないんです。うちもスワニーさんの両社とも、速く作る仕組みを持っていたから実現できたわけです。

橋爪

スタートアップの方は、最初は予算が少ないこともあり、資金を集めるために、とにかく速く形にしたいところがあるんですね。山田さんがおっしゃったように、我々には爆速で作る仕組みがある。それが今回うまく生きたかなと感じています。

中間

その仕組みについてご紹介頂けますでしょうか。

橋爪

当社では製品設計から試作の金型まで作るのですが、通常は金型を作ってしまうと、もう取り返しがつかないんですよね。そこでポイントになるのが当社の特許技術「デジタルモールド」です。簡単に説明しますと、設計者が3Dプリンターで樹脂の型を作り、それを社内にある小さな成形機にセットして射出成形するという技術。
金形作りは中国でも2週間くらい、日本では3週間は必要になると思いますが、当社の場合は朝から設計して夕方には成形品を持っていけます。本当に”爆速”なものづくりが可能です。そして、もう一つのポイントは量産と全く同じ材料で部品を作れるということですね。

中間

ファーストロットぐらいの数量なら作れてしまうわけですか?

橋爪

いけますね。形状や大きさにもよりますが200ショットくらいは樹脂型でいけます。スタートアップの方々からお話が来る場合、最初は50個欲しい…というような小ロットのケースが非常に多いので、そういった規模感で作りながら修正していく場面には、うってつけだと思いますね。

中間

こうしてスワニーさんが筐体を作っていくのと並行して、ノエックスさんでは基板を作っていかれるわけですね。

橋爪

はい。基板をすべて1から作ろうとすると、すごく時間がかかりますが、IoTの基板で必要なものはCPU、メモリ、LAN、Wi-Fiとだいたい決まっているんですね。当社では独自に開発したベース基板を持っているので、お客様が何か新しいことをしたいと希望された時でもカスタムが簡単ですし、費用的にもずいぶん抑えることができます。
これが当社の「FAB TOPE」という仕組みになります。また、今回であればベースファームウェアは当社のものを使っていただけるので、服部さんにはAIに集中していただく。それぞれが得意分野に集中できるわけです。製造装置も内製していて、2~3畳くらいのスペースでセル生産ができるので、試作がうまくいけば、そのまま営業日昼8時間だけで月産2,000台くらい生産できます。(※24時間稼働 土日生産 3ライン生産を組み合わせるともっと多く生産可能とのこと)

中間

なるほど。スタートアップから良く聞く悩みとして、最少ロット問題があるのですが、スワニーさんとのノエックスさんはこういった仕組みで、少ロットにも対応が可能になるんですね。

橋爪

少ない時は5台とか、そんな話はよくあります。それでもやりますから。

山田

やります、やります(笑)。

服部

お二人とも「面白そうだから」と言って、やってくれるんですよ(笑)。

橋爪

そこが一番のポイントじゃないですかね。