Startup Factory Kansai

関西

シャープ株式会社

支援領域

  • IoTスタートアップに必要なモノづくり全般の研修プログラムを提供
  • スタートアップのモノづくりをメンタリング/コンサルティングでサポート
  • スタートアップのモノづくりの商品設計~試作・量産~アフターをワンストップで支援

得意領域

  • 支援テクノロジー

    • メカ
    • エレキ
    • ソフト
    • その他要素技術、R&D
  • 支援ステージ

    • ビジネス設計
      (コンサル)
    • 仕様検討
      (要求分析)
    • プロトタイプ設計・
      製造
    • 量産化設計
    • 量産製造・組立
      (小ロット対応)
    • 製品試験
  • 支援対象製品

    • IoT/情報通信
    • ロボット/産業機械
    • 医療/福祉
    • 航空宇宙
    • その他家電。ウェアラブル機器、デバイス

表示例

  • 実績あり
  • 対応可能
  • 対応不可

About

概要

  • 会社概要
    シャープは、1912(大正元)年に創業、電子通信機器・電気機器及び電子応用機器全般並びに電子部品の製造・販売を主な事業内容としており、2018年3月期における売上高2兆4,272億7,100万円 (連結) 、社員数52,548名(国内連結)となっています。中期計画では、「8KとAIoTで世界を変える」を事業方針として、「人に寄り添うIoT」の実現と「8Kエコシステム」の構築を進めています。
  • 支援概要
    シャープは、これまで培ったモノづくりの技術/ノウハウをベースに、スタートアップを支援します。
    (1)モノづくりのメンタリング
    商品企画から設計・試作、量産、販売、アフターサービスまでのモノづくり全般の個別メンタリングを行います。
    (2)シャープオリジナルモノづくり研修「モノづくりブートキャンプ」(研修プログラム)
    シャープのモノづくりの技術/ノウハウ全般を俯瞰頂き、スタートアップに必要なモノづくりのプロセス習得、独自品質/技術基準の策定、 工場とのコミュニケーション力向上など、効率的な量産を進められるスキルアップを支援します。
    SHARP Open Incubation:https://oi.jp.sharp/
    (3)シャープオリジナル量産支援「量産アクセラレーションプログラム」
    スタートアップの量産に寄り添って、設計、品質・信頼性、生産、検査、さらには量産後のアフターサービス、廃棄/リサイクルまでを 当社と共同で作業を進め、ロスを低減・スピードを加速させるための支援プログラムです。支援内容、スケジュール、費用はスタート アップと協議の上、都度オリジナルプログラムを作成し、支援活動を行います。

Contact

窓口・担当者

金丸 和生

かねまる かずお

経歴・担当支援領域等

  • OEMビジネス、知財ライセンス/契約
  • 産官学連携、オープンイノベーション活動
  • スタートアップと連携したオープンイノベーション活動

スタートアップへ一言

モノづくり技術・ノウハウを中心としたシャープのアセットを活用してスタートアップ支援を進めています。スタートアップに寄り添い、共に成長したいと考えてますので、先ずは些細なことでも結構ですので気兼ねなくお問合せください。

薮田 哲史

やぶた さとし

経歴・担当支援領域等

  • 液晶ディスプレイのプロセス技術開発
  • 産官学連携、オープンイノベーション活動

井上 敦央

いのうえ あつひさ

経歴・担当支援領域等

  • 不良解析、分析
  • 研究開発技術企画
  • スタートアップを含む社外連携/協業推進