Case Study

ものづくりスタートアップ製造業

連携ケーススタディ

ものづくりスタートアップ8社の詳細なケーススタディ集

このケーススタディ集は、実在するものづくりスタートアップ計14社に対して詳細なヒアリング調査を実施し、製品開発や事業化の過程で起こった出来事(主にトラブル)と、そこからスタートアップが得た学びを整理したものです。

調査は2018年度と2019年度の2か年度にわたって実施され、2018年度版が上巻(6社分収録)、2019年度版が下巻(8社分収録)という形でまとめられています。

想定されている読者層は、ものづくりスタートアップの経営者やメンバー、そして、将来ものづくりスタートアップを作りたい・参加したいと思っている方々です。

ものづくりスタートアップが製品開発・事業化を進めていく過程では、実に様々な課題が発生します。現状において、多くのスタートアップは日々訪れるトラブルを自らの創意工夫でなんとか乗り越えたり、ときに乗り越えられずに大きな痛手を被る、ということを繰り返しています。しかし、これらの課題は、実は多くのスタートアップが共通して経験するもので、その解決策にも共通するポイントのようなものが存在するようです。

ものづくりスタートアップが直面する課題のパターンや解決のポイントを明らかにし、わかりやすい形で整理することで、次に同じ課題に直面したスタートアップが素早く・適切に解決策を見出せるようにすること。このケーススタディは、そのような目的で製作されました。

ケーススタディーの詳細はこちらから